ファイナンシャルアドバイザリー

M&Aアドバイザリー

企業の成長戦略として企業価値向上を目的とした買収や、経営資源の選択と集中の過程でのバイアウト、事業承継対策としてのMBO等、M&Aの発生する場面は様々です。
しかしながら、M&Aが概して高額な取引であることや、社員・取引先等を巻き込む事業の売買であることから、利害関係者への影響が多岐にわたり、財務、税務、法務等各視点からの多面的なディールの分析が必要不可欠となります。

あいわFASは、財務、税務の視点から、ディールプロセスにおける経営者の意思決定をサポートすべく、ストラクチャーの設計、財務・税務デューデリジェンスや適正な価値算定の他、これらに関する事前検討や交渉支援を行います。また、あいわ税理士法人と連携することで、ポストディールにおける会計税務支援も行っており、ディールの開始から事後までワンストップサービスのご提供が可能です。

組織再編アドバイザリー

近年、上場企業を中心に持株会社体制の構築等、グループ経営資源の選択と集中を意識したグループ内組織再編を行うケースが増えています。 ただしM&Aと異なり、グループ全体の利益を最大化するために、各経営資源の配置や収益構造設計等の戦略を積極的に検討する必要があり、組織再編という資本関係の効率化以外に整理すべき論点が多々生じます。

あいわFASは、財務・税務の視点から、持株会社体制構築等のためのストラクチャー設計支援や、グループ内再編だからこそ求められる公正な企業価値評価、収益構造の設計、税効率の改善等のサービス提供が可能です。

資本政策アドバイザリー

近年、IPO企業が増加傾向にあり、上場を視野にいれる企業が増えているなかで、企業のオーナーサイドの資本政策の必要性が高まっていますが、資本政策は一度実行すると後戻りが困難であるため、事前に綿密な検討が必要です。

あいわFASは、IPOに関する豊富な実績をもとに、資本政策の立案支援や、株価政策の検討、ストックオプションの設計、事業承継を意識した資産管理会社の活用等、オーナーの戦略の検討、実行支援サービスの提供が可能です。