サービス内容

ファイナンシャルアドバイザリー

あいわFAS株式会社ではM&Aアドバイザリー、組織再編アドバイザリー、資本政策アドバイザリーといったアドバイス業務を行っております。
M&Aは事業の拡大やグループ再編、事業承継など、様々な目的に応じて、買収・売却、業務・資本提携、事業譲渡などの多様な手法を取ることができます。
それぞれに求められる専門的知識を基に手続きを踏んでいく必要があります。そのため、それらに精通したアドバイザーの起用が実行へのカギとなります。数多くのM&Aアドバイス実績により得た経験と専門的知識を活かし、お客様が有利な結果を導けるようサポートいたします。

組織再編におきましては、グループ内での経営資源の選択と集中や持ち株会社体制の構築などを行うことがあります。経営財務・税務の観点から、収益構造の見直しなどを通して資本関係の効率化を図ります。
資本政策アドバイザリーは株価政策の検討やストックオプションの設計などを通して、資本政策の実行支援サービスを行ってまいります。

詳細はこちら

財務・税務デューデリジェンス

M&Aに先駆けて、対象企業の資産の適正評価を行います。基本合意前の初期検討から、財務面での実態調査、税務リスクの特定、取引後のリスク確認まで行います。各段階でしっかりと精査すべき財務・税務の側面があります。
リスク査定に不備があれば、正当な評価ができず、取引に支障をきたすおそれがあります。適切な実態調査は、株主等のステークホルダーに対する説明責任といった意味でも不可欠です。その意味では、デューデリジェンスにかかるコストもM&Aにおける投資金額の一部だと言えます。
あいわFAS株式会社では、今までの実績から培った経験を活かし、M&Aの失敗リスクを可能な限り軽減させます。ご自分では気付きにくいことも、専門家がバックアップすることで、問題になる前に対処することができます。

詳細はこちら

バリュエーション

M&Aへ向けて、顧客企業に対して企業価値・事業価値・株式価値を算定します。経営者の観点から事業内容を充分に理解し、根拠のある客観的な業績予想を行います。評価額が相場観と見合っているかどうかも、しっかりと確認します。それにより、当事者にとって納得のできる現実的な評価を行うことができます。取引の側面に合わせ、価値評価やアドバイス、評価報告書の作成など様々なサービスが可能です。
あいわFAS株式会社では、評価目的に応じてインカムアプローチやマーケットアプローチなどの評価方法を選定します。他社との協業を行う際、統合比率の算定が今後重要になってきます。そのため、統合比率の交渉に向けた予備的なシミュレーションを行います。

詳細はこちら